So-net無料ブログ作成
検索選択

「出世大名家康くん」が4月からはままつ福市長に昇格!! [東海]

 浜松市は20日、2007年度から「はままつ福市長」と市マスコットキャラクターに位置付けてきた「ウナギイヌ」を本年度末で退任させ、後任に市制100周年マスコットキャラクターの「出世大名家康くん」を昇格させる“人事”を発表しました。
ieyasu.jpg

 ウナギイヌは赤塚不二夫さん原作の漫画「天才バカボン」に登場。抜群の知名度と市の特産品のうなぎにちなんだ容姿が決め手となり、市は07年の政令市移行を機にマスコットキャラクターに採用しましたが、著作権管理会社に年105万円の使用料を支払わなければならず、使用上の制約も多いため、家康くんの人気も高まってきたことから契約の打ち切りを決めました。
unagiinu.jpg

 市は3月末にウナギイヌの退任式を行う予定だそうです。ウナギイヌさんお疲れ様でした。

やななが県庁でヤナコンをPR [東海]

岐阜市柳ケ瀬商店街の非公式ゆるキャラで“県ときどき商工労働部長”の「やなな」が11日、岐阜県庁を訪れ、2月に同商店街で開く街コンイベント「YANACON(ヤナコン)」をPRしました。
yanacon.jpg

ヤナコンとは柳ケ瀬活性化プロジェクトなどで作る実行委員会が主催で、県・岐阜市が共催し、男女それぞれ100人が、指定の飲食店(4~5店)を巡ってコミュニケーションを深めるイベントでやななも参加する予定。バレンタインデー直前の2月11日午後5~8時に開催します。参加するには20歳以上(既婚者も可)で2~4人の同性のグループで応募してください(参加費は男6500円、女3500円)。男女各100人に達したら締め切られるのでご注意ください[るんるん]

最近こういうイベントがはやりですが町おこしのためにゆるキャラも一肌脱ぐってことですね[わーい(嬉しい顔)]

かも丸の妻かも美がデビュー [東海]

岐阜県美濃加茂市の定住自立圏マスコットキャラクター「かも丸」の妻「かも美」がデビューしました。「かも美」は今春にキャラクターが誕生、7月に名前が決まりました。今後は定住自立圏構想のイベントなどに夫婦で出席してPRに努めることになってます。
kamomi.jpg

かも美は身長160センチ、体重は「秘密」。郡制が施行された明治30(1897)年4月1日生まれの114歳で、出身地は京都市の鴨川河畔、好物は山之上の梨、八百津の栗きんとん、かも丸アイスなどだとか。元々は大阪の少女歌劇団のトップスターでしたが、昭和29年にかも丸と結婚して以来、岐阜県に住んでいるそうです。現在は畑仕事と料理に精を出し夫のかも丸と、歌ったり踊ったりするのが大好きという元気なおばあちゃん[exclamation&question]です。

ひょっとしてさらにこの二人の孫とかがデビューするとかってあるのかな[ー(長音記号1)]



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。